FC2ブログ

電気屋さん巡り その3 Yの巻

父に頼まれたあるモノを買うため電気屋さんを巡ってみたときの記録。

今回は時間の都合でコジマをのぞくJ、M、Y、Kの4店を巡ってみた。

※消費者として感じたことを表現する中で辛口なことも書いていくので

 それを不快に感じると思われる方は続きを読まないでください。
今度は1号線に移動しYへ、今回もっともやっかいだった店だ。

J、Mと同様こちらの意向を伝える、すると・・・

店員「入力端子があればどの機種でも可能なのでほとんどの機種でいけますよ。」

神楽月「じゃこのマイクって書いてある機種は?」

店員「それはカラオケとかする用ですね。」

おいおい適当にしゃべってないか??

というかそこまで話してなぜ何を録音したいのか聞かないのか??


ちなみにJ、Mの場合もそうだが何を録音したいかは最初はあえて伝えていない。

入力端子があれば録音はできる・・・は正解だとしてもお客が求めるクオリティは?

というコトを考えれば、それを聞かずにアドバイスするのがおかしいと思うが。


神楽月「ところでここに大きく「他店徹底調査」みたいなことが書いてますが

このCDラジMDもヨソより安いんですか?ヨソも回るの面倒なので。」

店員「はい、今朝も調査してますから大丈夫です。」

お~お~えらい自信マンマンじゃないの!

ちなみに店頭プライスがもっとも高かったのがY、最安店と5,000円の開きがある。

神楽月「この商品に関してもそれは間違いないですか?ならここで買いますので。」

店員「はい、間違いないです。」

さらにオレは続けてみた。

神楽月「ちなみに調査をしているのはどのお店なんですか?」

店員「Jさん、Mさん、Kさん等です。」

JとMはオレがさっき行った店だ。

神楽月「ちなみにそういうのって詐欺にはならないんですかねぇ?

私の調査ではあなたのいうコトはウソになるんですが・・・」

店員「もし他店で安かったのでしたら対抗しますので・・・」

神楽月「そういう問題じゃないだろ!」


これ以上は自分でも気分が悪くなるので続きは書かないが

ここのやりとりでわかったのは他店の価格を提示しないと

Yでは気持ちよく値引きはしてくれないということ。

JもMも他店は関係なしにダウンしたプライスを提示してくれた。

しかしYは教えてくれれば・・・というばかり。

最終的にはいくらか引かせたがそれでも高いものだった。


少し揉めだしてから店員が変わったのだが(先輩?上司?)

それでもその姿勢は変わらなかったので社風と考えるべきか?

なんにしても今回一番気分を害した店である。
スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)